• TOP
  • プロフィール
  • お笑いマネー講座ブログ
  • 活動実績
  • 本気のライフプラン
  • 講師・講演のご依頼
  • 資産形成型ライフプラン診断
  • セミナースケジュール
  • 事務所
  • お問合わせ
  • リンク
  • 一文字コラム

お問合わせはこちら

子守康範 朝からてんコモリ!

一文字コラム

篠原ファイナンシャルプランナーの今までの活動実績を紹介します。

10月30日に海士町で行った、
「お笑いマネー講座」
のレポートお届けします!

島根半島の沖合、約60km、
隠岐諸島の中にある中ノ島。
別名”海士島”と呼ばれる島の中にある、
海士町。
人口、約2400人のこの島は、今、全国的注目されている島です。
財政危機、超高齢化、過疎が進む中、
町長筆頭に給与をカットし、役場一丸となって町おこしを行い、
全国から5年間で、Iターン者を300名も受け入れ、
今も新規Iターン希望者が集まる元気な町です。
そんな、活気のある役場の方から、
ハリセンFPに
『「お笑いマネー講座」を開催してほしい』
と、ご依頼をいただきました。
そして、
10月29日(月)
海士町 講演前日から、
明日の「お笑いマネー講座」のため、前のりです。
何と言っても、大阪から、電車とフェリーを乗り継ぎ、
約7時間30分くらいかかりますので、米子で一泊しました。

10月30日(火)
「お笑いマネー講座」当日。
七類港から海士町までは、フェリー。



(人に聞きながらフェリーの乗船券を購入)



(隠岐諸島の人達の足となるフェリー”くにが”)
当日は、隠岐諸島へ向かう人が多く、
フェリーのゲートが開くなり、
皆さん、ダッシュ!
・・??
ハリセンFPは、
「何?何??」
と思いながら乗船すると、
そこは、
乗客用の椅子はなく、
なんと!
雑魚寝スタイル!!
皆さん、すかさず、毛布と枕を持って、
自分の陣地を確保しておりました。
そうか!何と言っても、3時間30分やもんね。。
ハリセンFPも場所を探しながら、
慣れない船内をウロウロしてたら、
なんと、そこには!!
まだ、誰もいないスペースがあるではありませんかっ!!!




完全に砂漠の中にオアシスを発見した旅人のように、
慣習に従って、枕と毛布を慣れた手つきのように取り、
ハリセンFPプライベートゾーンを確保しました。
完全に自分の空間です。
これで、快適な海の旅を満喫できます。
と、そこへ、
船員スタッフが、ハリセンFPの所へ、近づいてきて、
「あの~すいません。ここは、特二等なので、別途料金がかかりますが・・・」
「えっ!??」
ということで、別途 920円と毛布代 30円を払いました。。
そう、簡単にオアシスはないもんやね。。
ただ、広々快適な船の旅を満喫できましたよ!

海士町の歴史本や資料などを読んでいると、
3時間30分があっという間に経ち、
見えてきました、海士町のある中ノ島!!




今回の講演に燃えていますので、
まるで、巌流島に向かう、宮本武蔵のような気分です。

ただ、左手には、剣ではなく、ハリセンですが・・・(笑)
いよいよ、
「お笑いマネー講座 in 海士町」
開催です。



(会場の海士町中央公民館)



実は、初めての地域で、
また、初めての島での開催ということもあり、
受け入れてくれるかな、
ワークショップ形式もふんだんに盛り込んだ構成だったので、
積極的に参加してくれるかな、
という不安は、結構ありました。
しかし、始まった瞬間、その不安はすぐに吹き飛びました。
前回の記事のフェリーでの体験談や調べきた海士町の話で
大声で笑ってくれたり、拍手してくれたり、ツッコまれたり、
温かい参加者の方々のお蔭で、
いきなり、参加型のアットホームな講座となりました。

年金、リタイアメント後の生活設計、
豪華賞品付チーム対抗マネークイズ大会など、
大盛り上がりで終了しました。
あっという間の90分間でしたが、
2時間も3時間も僕自身、やっていたい、
そんな気持ちになりました。
終了後、
お金について、保険について、ライフプランについて、
参加者の皆さんから、積極的に質問も出ました。
そして、最後は恒例のハリセン祈願!



いつもの波の音、カモメの鳴き声、
そして、この日だけは、
ハリセンの音が島中に響き渡っていました。
・・・
いや!カッコよく表現せんでいいねん(笑)
参加していただいた皆様、
職員の皆様、
本当に温かく迎えていただき、ありがとうございました!
そして、大阪帰ってきて、職員の方から、

今回、こういったマネー講座は初めての試みでしたが、大変盛り上がり、
講演後、年金や保険、その他、身近なお金について、話すことが多くなりました。
という嬉しいお手紙をいただきました。

活気ある海士町、自然いっぱいの海士町、
温かくパワーいっぱいの島の人たち、
僕自身、今回、
最高の経験、最高の機会、
そして、
いっぱいのパワーをもらいました。
来年、必ず、また行きます!
ありがとう海士町!

前のページへもどる